残留開始まで


[[Classes]]

//キャリア支援セミナー [1・2年生向け]
//≪1・2年生の今すべきこと≫をテーマに、全3回実施します。 就職活動、また社会人として良いスタートを切る為に、 まずは社会で働く先輩方の話を聞いてください。
//【第1回】10月28日(月)16:30?「1・2年生のいま、考えておくべきこと」2803教室
問合せ、申込み:2号館3階学生支援センター(窓口)

*プログラミング入門 1年後期必修科目 [#f8848287]
-中級クラス (担当: 中島・岩井)    21005教室
-中島先生のお名前がありますが岩井が講義を全て担当します。
-以後「岩井クラス」と呼びます。
-副主 絹川研M2 南雲君 星君
-21005教室 LANケーブル 自分のPCをもってくること。
-processingの最新版をインストールしてくること。


*課題提出方法 [#d453b66d]
-演習問題の提出について
-演習問題の提出期限は、原則として出題日の翌火曜日の13:10とする
提出先: 総合メディアセンターの「プログラミング入門」または「プログラミング基礎」の提出フォルダの出題回のフォルダ
-(\\nas002.term.usmc.dendai.ac.jp に term\学籍番号 で接続)
--http://www.mrcl.dendai.ac.jp/soe/sm05/inf_socket_user_guide.pdf

*テスト情報 [#bf5f96f9]
-日時:テスト12月19日期末学力考査!!!持ち込み不可です。試験監督は中島先生
3限時間開始時間厳守、4限解説
-範囲:
関数、booleanフラグ、配列、繰り返し、オブジェクトの生成(インスタンス化)と呼び出し(戻り値、引数)、コンストラクタ(引数あり、なし)、図形の表示、再帰関数、、has-aの関係(objectが複数objectを管理する関係)、イベント処理、オブジェクトの配列、そのほか授業内でなかったこと。

*スケジュール [#r73e62f5]

テスト12月19日期末学力考査!!!持ち込み不可です。関数、booleanフラグ、配列、繰り返し、オブジェクトの生成(インスタンス化)と呼び出し(戻り値、引数)、コンストラクタ(引数あり、なし)、図形の表示、再帰関数、、has-aの関係(objectが複数objectを管理する関係)、イベント処理、オブジェクトの配列、そのほか授業内でなかったこと。3限時間開始時間厳守、4限解説
-(15)1.9
教材
-資格試験(平成26年1月14日(火)10時 ~ 2月21日(金)20時)
--http://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html
-第14回
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/14/
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/14/quiz.html
-冬休み課題優秀者
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/2013/user/
-総復習
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/15/
-少年プログラマー
--http://wired.jp/2013/04/27/summly-interview/

-(14)12.19 
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/14/
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/14/quiz.html


-(13)12.12 
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/13/
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/13/quiz.html
#ref(turtleDrift.pde);
#ref(turtlesHint.pde);
#ref(ball_02_oo4.pde);
#ref(typing_sample.pde);


-(12)12.5 has a
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/12/
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/12/quiz.html
//#ref(ball_02_oo3_sample.pde);

-(11)11.28 コンストラクター
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/11/
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/11/quiz.html
#ref(ball_02_oo3_sample.pde);

-(10)11.21ものをひとまとまりに捉える。
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/10/
-http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/10/quiz.html

演習問題のもとになるプログラム
#ref(ball_02_oo3_sample.pde);
#ref(2013年度第2回大学院紹介ガイダンス.pdf);

-(9)11.14ものをひとまとまりに捉える。
--講義資料
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/09/
--演習資料
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/09/quiz.html
-(8)クラス - モノの持つ性質をまとめる仕組み [#e3fe0864]
--講義資料
http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/08
--演習資料
http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/08/quiz.html
-ヒント講義balls_01_配列
#ref(balls_01_hairetsu.pde);
-ballの落下
#ref(ball_y1.pde);
-ballの落下オブジェクト
#ref(ball_y1_oo.pde);
-ヒント演習3
/**
 *  点1(x1, y1)、点2(x2, y2) の距離が distance より近いかを調べる
 *  @param x1 点1のx座標
 *  @param y1 点1のy座標
 *  @param x2 点2のx座標
 *  @param y2 点2のy座標
 *  @return 点1(x1, y1)、点2(x2, y2) の距離が distance より近いか否か
 */
 boolean isNeighbor(float x1, float y1, float x2, float y2, float distance) {
   float dx = x1 - x2;
   float dy = y1 - y2;
   return dx * dx + dy * dy < distance * distance;
 }


//(中間テスト)
-(7)
第7回の課題提出期限は 11/6(水) 13:10 です!変更になりました。

-中間テスト
--10月24日(木)の3限の授業中に小テストを実施。
--試験範囲: 第6回の内容まで。
--参照: 不可 (PCの使用も不可)。
--座席指定: 当日指示 (教室は通常通り)。
-演習内容
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/07/
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/07/quiz.html
-演習ヒント
--演習1ヒント
#ref(ballColorChangableHint.pde);
--演習2ヒント
#ref(ballCatchableHint.pde);
--演習3ヒント
 final int X = 0;
 final int Y = 1;
 final int VX = 2;
 final int VY = 3;

 // variables
 float[][] balls = new float[6][4];  // ボールの x, y, vx, vy を6個分



-(6)10.17 二次元配列
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/06/
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/06/quiz.html
--ABC2013 http://www.android-group.jp/conference/abc2013a/
--基本情報技術者試験 http://www.jitec.jp/1_08gaiyou/_index_gaiyou.html
--http://www.jitec.jp/1_11seido/seido_gaiyo.html#gen02

-演習問題3のヒント色の割合
 高さに応じた色を求める
  h = hueMax * y / (height - d / 2);
  fill(h, 100, 100);

-演習問題4のヒント速度に応じた色
 float calcHue(float vy) {
   return abs(vy) * 25 %hueMax;
 }
 //↑の関数の使い方fill(calcHue(vy), 100, 100);

-演習問題5のヒント

  /////////////////////////
  //左の壁に当たったときの処理
  if (x <= d / 2) {
    vx = - vx * elas;
    x = d / 2 + vx;
  }
  else {
    //右壁に当たったときの処理
    if (x >= width - d / 2) {
      vx = - vx  * elas;
      x = width - d / 2 + vx;
    }
    else {
      x += vx;    // 速度に重力加速度を加算する
    }
  }
 

 //速度ベクトルの距離の出し方
 sqrt(vx * vx + vy * vy)

--演習6のヒント
 final int X = 0;
 final int Y = 1;
 final int VX = 2;
 final int VY = 3;
 // variables
 float[] ball = new float[4];        // ボールの x, y, vx, vy を1組

 setup()にて
  ball[X]  = random(30, width-30);
  ball[Y]  = random(30, 50);
  ball[VX] = random(-7, 5);
  ball[VY] = random(4, 8);

 draw()にて
  boundBall(ball);
  fill(calcHue(ball[VX], ball[VX]), 100, 100);


-(5)10.10 処理のまとまり2 返り値のあるfunction
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/05/
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/05/quiz.html
--最優秀課題:近藤君[[Classes/2013ProgBasic/BestKadai4]]
--13fi006,13fi056,13fi107,13fi125,13fi010,13fi021,13fi032
-Hint1
#ref(CircleDrawAnimation1Kai.pde);
#ref(ColoredHuman.pde);
-Hint2(演習1)
 
 float px(float rad) {
   return r * cos(rad);
 }
 float py(float rad) {
   return -r * sin(rad);
 }
 
 void phue(int theta) {
   float c=(theta/2) % 360;
   fill(c, 100, 100); 
 } 

-Hint3(演習2)

 vois setup(){
 .......
 //pxに与える第2引数をdrawのたびに変化させる。
 delta = delta + dDelta; // int dDelta=PI/16;
 }
 //delta分毎回位相をずらす。
 float px(float rad, float delta) {
  return r * cos(rad - delta);
 }

-(4)10.3 処理のまとまり
--http://www.ceatec.com/ja/
--教材
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/04/
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/04/quiz.html
#ref(crowdHint.pde);
#ref(squareOfSquaresHint.pde);

-(3)9.26 二重for文と配列を理解しよう。
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/03/#(1)
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/03/quiz.html
--ランダム関数
---http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/02/#(31)
-演習問題0 3行目と6列目を赤としその交点を緑とする下記CircleCross.pdeを作成せよ。
#ref(pic2.png);
#ref(CircleCross.pde);
#ref(circleArrayGrowingHint.pde);

-(2)9.19
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/02/#(1)
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/02/quiz.html
#ref(ImamuraKunHanasakaKun.pde);
#ref(coloredHumanSequenceAboveAverageHint.pde);
#ref(frequencyArrayCircleBarChartHint.pde);
#ref(waveHint.pde);


-(1)9.12
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/01/#(1)
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/basic/01/quiz.html
#ref(colors.pde);

-10.24
-11.7
-11.14
-11.21
-11.28
-12.5
-12.12
-12.19
-1.9



*授業時間 [#w7ca03e5]
-13:10-14:40 3限
-14:50-16:20  4限(できた人から退出可)

*成績基準 [#s47add71]
-出席(課題):中間テスト:最終試験 3:3:4

*参考資料 [#o5aea209]

-Download
--http://processing.org/
--https://processing.org/download/?processing
--[[32bitwin>http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/progbasic2013/processing-2.0.3-windows32.zip]]
--[[64bitwin>http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/progbasic2013/processing-2.0.3-windows64.zip]]

-API
--http://processing.org/reference/
-API日本語
--http://www.technotype.net/processing/reference/
-復習(春学期入門編)
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/
-昨年度(2012年度)の資料
--http://www.mlab.im.dendai.ac.jp/programming/2012/

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS