残留開始まで


[[Classes]]

[[Classes]]

//**(2)9/23 [#gca843c5]
//講義開始後10分間は前回の課題未提出者の確認と対応をします.
//提出済みの方は9時10分から出席で結構です.
//-資料
//#ref(netpro_src2014_2_uft8.zip)

*(15)発表会3 1/26 2限のみです。発表最後になってごめんね。 [#hf48dd4f]

*(15)発表会2 1/19  1,2限 [#c25d7cb3]

*(14)期末試験&発表会1 [#j6181294]
//**試験時間09:45から10:45まで。持込可、インターネット可、 チャット・ライン・メール不可。必ずLANケーブルを持ってきてください。ネット/ワークフォルダに提出してもらいます。 [#g2a3ea7b]

-試験1
// (a)1-10000の数値のうちから素数のみをコンソールに出力するプログラムをかけ。
// ファイル名はPrimeMain.javaとし14回に提出フォルダExam\aを作成して提出すること。
// ヒント:10000までの素数を判定する場合には2から100(√(10000))までの間で割り算のあまりを計算すればよい。
// アルゴリズムは最適化しなくてよい。パッケージ名は記載しないこと。(15点の配点)。

-試験2
// (b)オブジェクト配列の問題である。TJM大学JM学科へは999名の学生が受験した。
// 各受験生の受験番号(1-999番)と数学、英語、国語の3科目の成績を受験生ごとに管理するクラスExamScoresクラスがある。
// ファイル名はExamScores.javaとする。ExamScoresクラスにはset/getExamID、set/getMathScore、set/getEngScore、set/getLangScore、getAverageScoreのメッソッド(関数)ある。ExamScoresクラス内部変数はint型とする。
// ランダム関数(java.util.Random)を利用し0-100点の適当な点数を999名の学生にセットする。
// その上で3科目平均点が85点以上は合格者としてIDと各科目の点数を見やすく出力するExamMaxAveMain.javaを作成せよ。
// 出力した合格者+各科目の点数一覧をGokaku.txtというファイルに保存すること。(自動保存でもコンソールをコピーしてもよい)余裕がある人は成績順にソートしてて出力するプログラムを作成してみてください。
//14回に提出フォルダExam\bを作成ししjavaとクラスを保存すること。パッケージ名は記載しないこと。(15点の配点)

-試験 3 
//(c) じゃんけんの"Guu","Choki","Pa"をクライアントからサーバの5002番ポートに送信すると、その度にサーバ上のランダムなじゃんけんの手を生成しその手と毎回比較して以下の(c-1)-(c-3)の返事を返してくるプログラムを作成しなさい。そのプログラムを14回のExam\cというフォルダを作成し提出すること。それぞれの達成度で各5点。途中まで(c-1)や(c-2)まででも良いので完成させること。
// (c-1)"Server Win","Server Draw","Server Lose"の勝ち負け判定
//(c-2)サーバのじゃんけんの手("Guu","Choki","Pa")
// (c-3)現在のサーバの勝率 ※やや難
// 堤出ファイル名:
// JankenClientLoop.java,JankenServerRandom.javaプログラムを完成させよ。第14回フォルダに「c」というフォルダを作成しその中に必要なソースコードを入れること。
// 試験時間40分経過後にヒントをだします。hint:PrintWriterを使えば比較的簡単にかけます。
//Hint&ref(2014netproKimatuExamHint.zip);

//出力例:
// Client is started
// send Janken Command to Server 5002port:
//  >Choki
//  Response from Server: You Win. Server hand is Guu. (Win,Draw,Lose)=(39%,30%,31%)
//  send Janken Command to Server:
// >Pa
//  Response from Server: Draw. Server hand is Pa. (Win,Draw,Lose)=(38%,31%,32%)

*(13) 12/22 第13回フォルダに全員企画書をアップしてください。 [#n5f63eb6]
//-http://www.soe.dendai.ac.jp/kyomu/portal/2015_schedule_t.pdf
//-ソースコードは1クラス(名前だけで実装してなくてもよい。)をアップロードしてください。
//-http://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/2016/koubo_index.html



 模擬試験1 英国数社理の科目名と点数を
 コンストラクタ内で入力してあり、
 各科目の点数と全体平均点と最高点科目を
 表示する関数を実行するプログラムを作成せよ。
 提出先 13/Exam/
 CenterKamokuManager.java
 CenterKamoku.java
 method: printAverage();
 method: printMaxKamoku();
 (パッケージ名はなしでアップロードしてください)

 模擬試験2 サーバクライアント通信でコンソールから入力した数字を送信し、
 その数が素数であるかどうかを判定するプログラムを作成せよ。
 なお返信は"x is Prime", "x is non-Prime"と返信すること。
 またクライアントは何度も送信できること
 終了は"q"または"exit"を送信した場合とすること
 PrimeServer.java PrimeCelinet.java(パッケージ名はなしでアップロードしてください)

*(12) 12/15 [#mf00df8d]
 おしらせ12/15(火)12:20-13:00
 1号館14階11410 東京電機大学情報メディア学科第3会議室にて
 「GMOインターネット 電機大OBによるエンジニア職として働き方」
 としてFI科岩井研OBの話など紹介する会を開きます。
 是非沢山の学生さんご参加ください。興味のあるご友人の方にも転送してください。
 http://recruit.gmo.jp/engineer/
 GMOは、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、
 インターネット証券事業、モバイルエンターテイメント事業など有する東証一部の
 日本を代表する総合インターネットグループです。
 お名前.com、GMOクラウドやGMOクリック証券など様々なサービスを展開しています。
 エンジニアとして2017年春に就職希望の3年生、M1へ情報の展開をお願いいたします。
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_2015_12.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_12_uft8.zip

-今日の内容は企画書案のチェックです。A4 3枚以上 ギリギリまで修正してください。前回11回フォルダに提出してください。
-HTTPDやnioのプログラムサンプルにアップしてあります。
-最終課題発表会の詳細
--ネットワークのTCP/UDP通信をつかった通信プログラムを作りなさい。(1:1 1:n n:m マルチキャストのいずれの通信モデルでもよい)  企画案を全員12月15日までに作成すること。
-- 一人チームでもよい。二人一組のチームでプログラムを作成することも勧めるが、その場合は役割分担を明確にわけること。クオリティは一人でやるチームの1.008倍以上を期待する。採点は別々に行うので役割分担を明確にすること。
--最終発表会は1/12日,1/19日に設定する。学籍番号順。pptの説明資料(企画書の発展版)。プログラムが当日うまくいかなかった場合の動作説明のスクリーンショット、アピールポイント、将来展望を明記すること。ソースはすべて提出すること。Eclipseのエクスポートでプロジェクトファイルとしてzipで提出してもよい。
-期末テスト
--1月12日 1時間 9:10から開始、持ち込み可、プログラムをフォルダに提出します。
その後ミニプロジェクト発表会。

*(11) 12/8 [#g89ee9c3]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_2015_11.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_11_uft8.zip
-guicahtパッケージの中を改造し、顔の表情を変化させるコマンドをクライアントからおくるとサーバ上のGUIが変化するプログラムを実装せよ。
--face,emotion,1,angry
--face,emotion,2,sadの二種類は確認することとする。

--授業ないミニ課題Exceptionを練習したMenkyoCenter.javaとIllegalException.javaも提出すること
*(10) [#te5030aa]
-講義資料は9回と同じ
-授業内ミニ課題:CountTesterTweThreads.javaを改造してCountTesterHoundredThreads.javaに改造せよ。ExThread1.javaを改造してExThreadHoundred.javaを実装しよう。同時にスレッドを停止する機能を実装しよう。
-課題:サーバクライアントChatClientPrintWriter.java とChatServerBufferedReader.javaを改造しなんども何度もコマンドラインに打ち込んだ文字列をサーバ側に送信できるようにしよう。"q" "exit"が来たらサーバ及びクライアントを停止させよ。

*(9)11/24 thread,gui [#m6c952b7]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_2015_09.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_09_uft8.zip
 今日の課題 SwingAnimationFaceObjを改造して壁にあったったら痛い顔にしてください。面白いキャラクターの登場を期待しています。setEmotion(EMOTION_PAIN,10);



*(8)11/18 インターフェース [#m6c952b7]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_08.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_08_uft8.zip
 DatagramReceiverReverse.javaを改造してメッセージを逆にして返信するプログラムに書き換えよ。41行目以降を変更するのがよい。DatagramSenderReverse.javaもアップロードすること。
 授業中にやったClassExtABCDも提出してください。

*(7)11/11 インターフェース [#m6c952b7]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_07.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_07_uft8.zipou
-今日の課題
-MovingBallを(1)15秒後にThreadの外部から終了させるようにせよ。Thread.sleep()を用いること。(2)ballが壁床、天井にあたった場合に跳ね返るようにせよ。ただしXdir,yDirは現在1か-1しか値を持たない。こちらを改善し任意の方向にボールが動くようにせよ。(3)Ball b1,b2,b3と宣言し3つのボールを同時に動いている状態にせよ。


*(6)10/27 中間テスト [#m6c952b7]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_06.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_06_uft8.zip
-中間テスト回答。

   int getAverage(Kamoku[] kamokus){
	   int sum=0;
		for(int i=0;i<kamokus.length;i++){
			sum+=kamokus[i].getScore();
		}
	   return (int)sum/kamokus.length;
	}
//   int getAverage(Kamoku[] kamokus){
//	   int sum=0;
//		for(int i=0;i<kamokus.length;i++){
//			sum+=kamokus[i].getScore();
//		}
//	   return (int)sum/kamokus.length;
//	}

 今日の課題:XmasPresentサーバクライアントを改造し、Serializable,ITaskが実装されたTaskObjectをサーバに実行させるサーバクライアントを完成させよ。ITaskインターフェースにはpublic void exec() , public int getResult()がメソッドとして存在していることとする。サーバクライアントはTaskServer,TaskClientという名前にすること。
*(5)10/20 chat通信tcpip [#aeae4257]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_05.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netprog_src2015_05_uft8.zip

-課題
 DendaiTCPClient2Age.java,DendaiTCPServ2Age.javaを改造し、1-30の数字入れると西暦に変換し、1900以上の数をいれると元号に変換するプログラムを作成せよ。隣通しで挙動を確認せよ。ipconfigで自分のipアドレスは確認できる。サーバの2重起動に注意すること。Eclipseのコンソールのバツボタンや赤ボタンできっちり終了させること。第5回フォルダに提出のこと。ファイル名は変更しなくてよい。それ以外はサーバに「入力エラー」と返信するプログラムをかけ。

*(4)10/13 java復習4+tcpip [#b4ee980c]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_04.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_src2015_04_uft8.zip
-第4回フォルダ 授業内課題 顔の表情を9段階に変化させよ。オブジェクトの配列を使うこと。FaceMain.java
-第4回フォルダ 課題 FaceMainMakaizo.javaを作成せよ。色を塗ること。Java2Dで書きなおしてもよい。5x5の顔の表情がすべて違うこと。オブジェクト配列のFor文を使うこと
--https://docs.oracle.com/javase/jp/6/api/java/awt/Graphics.html

*(3)10/6 java復習3 [#b4ee980c]
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_03.pdf
-http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_src2015_03_uft8.zip

 課題3:faceを沢山つくってみようFaceMain.javaを改造してFacesMain.javaを提出しください。2重の繰り返し文を用いること。
 Advanced課題3:岩井研が25年間女子0となる確率予想せよ。問題は資料の最初に記載しています。
 課題フォルダ3に提出してください。

*(2)9/29 復習2 [#h7be9a2a]
-課題
--コマンドラインのプログラムにてユーザに現在の年齢を入力させよ。その結果、オリンピックが開催する2020年のユーザの年齢と生まれた年の元号が表示されるプログラムを作成せよ。
--入力がqあるいは0の場合は終了するようにせよ。
--入力した現在の年齢がマイナスおよび120歳以上の場合は再入力を促すようにせよ。
--なお元年(1年)を優先すること。
--http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_2015_02.pdf
--http://www.cps.im.dendai.ac.jp/files/classes/2015netpro/netpro_src2015_02_uft8.zip
**(1)9/16 ガイダンス 導入 復習1 [#sf288720]
-資料
-JDKインストール
--http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
-pathの通し方、設定の仕方
--http://blog.yoshikawa.64kb.net/2014/01/12/1385
-講義資料
#ref(netpro2015_1.pdf)
#ref(netpro_src2015_1_uft8.zip)
-http://docs.oracle.com/javase/6/docs/api/java/lang/Integer.html
-課題(第1回) 次回29日までに行っておくこと。
 Eclipseのインストール できれば最新版に
 Pleiades All in One Mars
 Eclipse 4.5 64bit Ultimete FullEdition
--http://mergedoc.osdn.jp/
-授業中に出した課題を授業フォルダにいれておくこと


*日程 [#rba72498]
-http://www.soe.dendai.ac.jp/kyomu/portal/2015_schedule_t.pdf
**スケジュール [#ka55e5e8]
-(1)9/15
第1回 Java理解度チェック 
-(2)
第2回 Javaプログラミング基礎1
-(3)
第3回 Javaプログラミング基礎2 TCP/IPの復習  TCPサーバ   
-(4)
第4回 TCPクライアント/サーバ通信 チャットプログラム 
-(5)
第5回 UDP通信   
-(6)
第6回 中間学力考査 (持ち込み不可 紙提出) 
-(7)
第7回 スレッド基礎 サーバのスレッド化 マルチスレッド 
-第8回 デザインパターン ファクトリメソッド シングルトン 
-第9回 ノンブロッキングI/O   Javaプログラミング応用 
-第10回 マルチスレッド スレッドプール 
-第11回 Webクライアント  
-第12回 WEBサーバ,プロジェクト設計 
-第13回 プロジェクト実装1 
-第14回 プロジェクト実装2 
-第15回 学力考査 (持ち込み可 プログラミング提出) 

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS