残留開始まで


2015年1月HTML5 Conferenceをホストしました。デモも出展しました!

ProACT東京電機大学・株式会社リプロ合同シンポジウム

災害ケア社会の実現に向けたアクティブ情報共有基盤および周辺技術

  • 目的
    • 災害ケア社会の実現に向けたアクティブ情報共有基盤構築に向けた、産学の取り組みをご紹介する。
  • 日程
    • 平成26年11月12日(水)
    • 13:00~16:30
  • 会場
    • トラントシティ カンファレンス・丸の内room1
    • 東京都千代田区丸の内 1-8-1 丸の内トランスタワーN館 11階(Tel.03-6212-5211)
    • ※東京都八重州北口改札を出て左方向、東京駅日本橋口より徒歩1分
  • 主催
    • 東京電機大学
    • 株式会社リプロ
  • 協賛
    • IEICE HPB研究会
  • 参加費
    • 無料
  • その他
    • 時間:17:00~場所:同ビル内 『串焼きと鶏料理 鳥どり トランスタワー内』
  • プログラム

Top

授業のページ

2014後期

2014前期

ようこそ岩井研究室(実空間コンピューティング研究室)のページへ

Cyber Physical System Lab(CPS lab)

NewmajimeModeLogoSmall.png

岩井研紹介_統合2.jpg

岩井研の研究内容

本研究室は、スマートフォンや環境センサによりユーザの生活を支援し、安心安全を保つ実世界環境の構築を目指しています。経済的なコスト、使いやすさを考慮し、高信頼、省電力を実現したユーザ自身がコントロールできる持続可能なシステムの研究を行います。 また人間や車のモビリティを利用した実世界計測のためのハードウエア,通信,ミドルウエア,アプリケーションの研究を行います。下記の「人間」「防災」「都市」のテーマを中心に研究を行います。

-(人間)気体センサを用いた生活環境計測システム+BOT+スマート家電制御
-(人間)センサノードのマーケティング応用・知的空間創生
-(人間)RFIDアンテナ透明化とその応用システム、NFCとセンサを用いたMusic Composition
-(人間)センサを用いた生活支援コンピューティング、SNSを用いた非同期感動共有システム
-(人間)Kinect v2、首振りカメラ、スマートフォン、空間プロジェクション技術、ウエラブルデバイスを用いたサイネージ・人流計測
-(人間)車両CANデータと車載のスマートフォンを用いた運転者と車両状態推定
-(防災)高性能の水位センサ、発電機能を搭載したWSNノード開発、災害後情報共有システム
-(防災)NFCを用いた防災復興フィールドミュージアム、復興ポイントラリー
-(防災)降雨実験施設での土砂崩れを事前検知するセンサデータ処理
-(防災)気象予測を用いた土砂災害地域のセンサネットワークのシミュレーション
-(都市)スマートフォン環境センシングとエラー検出・インセンティブモデルの研究
-(都市)AirealRobot,水上観測ロボット,屋外移動ロボットを用いた能動的環境計測
-(都市) Geotagを用いた人の流れ、都市イベント検知技術
-(都市)無線センサネットワークを応用した空調自動制御や歩行者ナビゲーションシステム

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS