残留開始まで


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[Research]]
|#ref(nakada@OC.jpg,,20%);|#ref(shota@OC.jpg,,20%);|#ref(nakashita@OC.jpg,,20%);|
|#ref(nakamura@OC.jpg,,20%);|#ref(shigeta@OC.jpg,,20%);|#ref(tajima@OC.jpg,,20%);|
|new!『館林市における熱中症に影響を与えるリアルタイム気象データの可視化』 松本 佳明†  田島 誠也† 多田 真之† 鉄谷 信二† 戸辺 義人‡ 岩井 将行† 近年,集中豪雨や猛暑日酷暑日等の異常気象日が頻発してきている.中でも群馬県は気温の高さが全国で上位にあり,熱中症になる危険性が高いと言われている.熱中症にかかる人の多くは運動中の学生や高齢者であり,対策が迫られている.本研究では対策の一環として近年,身近で普及してきたスマートフォンやタブレットを用いて気温を表示することで熱中症対策の呼びかけに活かすことを目的とする.本研究では群馬県館林市立第二小学校に気象庁検定付きセンサノードを設置し,気温データの収集を行い,取得データをスマートフォン点タブレットで表示するシステムについて述べる.|new!『複数台Kinectを用いたスマート人流計測』 中束 渉†   近藤 亮磨† 加藤 佳祐†   鉄谷 信二†  岩井 将行† 歩行者の通行量や動線は、建物や広告などを評価する際重要な情報の1つである。そもそも人流計測は度数計と呼ばれるカウンタで目の前を通る人数を計測するというアナログ的な方法が一般的である。本研究ではこれに対しKinectを用いて各データを取得し、取得したデータから通行量や様々な種類の歩行者が存在しているかを検出することを目的とする。また人と人が重なることによる隠蔽の問題については複数台Kinectを用いることで回避することが可能であると考えられる。本研究では、Kinectを複数台用いて人の身長や歩く速さ、距離、方角データの収集を行い、収集したデータをグラフできるプログラムの開発を行う。||


*人間をテーマにした研究 [#eb19843c]
-(人間)車両CANデータと車載のスマートフォンを用いた燃費予測研究
-(人間)車両の移動軌跡からのドライバの状態判定の研究
-(人間)キネクト、環境センサ、スマートフォンを用いたサイネージの研究
-(人間)RFIDアンテナの透明化とその応用に関する研究
-(人間)CO2センサを用いたモバイル環境センシング
-(人間)漫画読み手の新しい感動共有方法の研究
-(人間)小型センサノードのマーケティング応用・知的家具と知的建築の研究

*防災をテーマにした研究 [#i183e487]
-(防災)気象予測を用いた土砂災害地域のセンサネットワークのシミュレーション
-(防災)降雨実験施設での土砂崩れを事前検知するセンサデータ処理の研究
-(防災)NFCとQRを用いた震災アーカイブ、防災システム、フィールドミュージアム
-(防災)高性能の水位センサ、発電機能を搭載したセンサネットワークに関する研究

*都市をテーマにした研究 [#gb59f4ec]
-(都市)スマートフォンを持った騒音センシングとインセンティブ関する研究
-(都市)マイクロブロクのGeoTagを用いた人の流れ、イベント検知に関する研究
-(都市)レーザレンジファインダを用いた人とグループの行動認識とサイネージ
-(都市)無線センサによるエリア空調自動制御と知的都市ナビゲーションの研究
|#ref(nakada@OC.jpg,,20%);|#ref(shota@OC.jpg,,20%);|#ref(nakashita@OC.jpg,,20%);|
|#ref(nakamura@OC.jpg,,20%);|#ref(shigeta@OC.jpg,,20%);|#ref(tajima@OC.jpg,,20%);|


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS